Arduino Nano互換ボードとUno Rev3からUSBミニBを外部に引出す延長基板の作製

二合枡をケースとして「LCD時計」と「蛍光表示管IV-21時計」を組み込みましたが、PCからUSB接続しやすいように、USBミニB(メス)の外部引出し用基板を作りました。

2014年発売の国産ニキシー管 CD43 を使った時計キットのUSBはミニBなので、これでLCD、蛍光表示管、ニキシー管の3つの時計をUSBミニB(メス)で統一できました。

目次

集めたパーツ

USBミニB規格の(オス)-(メス)の短いケーブルが見つからなかったので自作しました。(メス)端子側は外部から(オス)ケーブルで接続できるように基板化してケースにネジ固定します。

#パーツ仕様個数備考
1ブレッドボード用
ミニBメスUSBコネクタ
DIP化キット
秋月電子通商DIP化キット
回路図(端子番号と信号)
2K-05258
2両面ユニバーサル基板Dタイプ(47×36mm)
4穴 スルーホール
1P-12171
3USBケーブルUSB2.0 Aオス-ミニBオス
※ミニBオス側ケーブルを利用
1C-07606
4樹脂スペーサオス-メス M3 5mm適量
5M3プラネジ、ナット 適量

Arduino Nano互換ボード用のUSBミニB(メス)延長基板

秋月電子通商の「ミニBメスUSBコネクタDIP化キット」をユニバーサル基板にはんだ付けし、その基板にUSB(Aオス-ミニBオス)のミニB(オス)側を10cmに残して切ったケーブル内の4本の配線コード(赤、白、緑、黒)をはんだ付けします。

今回購入したUSBケーブルは被覆を剥くと「アルミテープ」と「ドレンワイヤー」が出てきましたが基板側では未配線です。

端子番号信号ケーブル配線色
1vbus (+5V)
2Dー
3D+
4未使用 
5GND
DIP化キットの信号と配線色

出来上がったUSBミニB側のユニバーサル基板は、LCD時計を格納した二合枡のアルミパンチ版に樹脂スペーサとM3プラネジ・ナットで固定して完成です。
PCと問題なく通信でき、Arduino IDEでスケッチの更新(時刻合わせ)ができました。

USBミニB(メス)の外部引出し用基板(上)とArduino Nano互換ボード(下)
USBミニB(メス)の外部引出し用基板(上)とArduino Nano互換ボード(下)
USBミニBコネクタを二合枡のおもて面に下部に設置
USBミニBコネクタを二合枡のおもて面に下部に設置

Arduino Uno Rev3用のUSBミニB(メス)延長基板

蛍光表示管IV-21時計用のUSBミニB(メス)延長基板も作りました。小型のケースに組み込みやすいように、Arduino Uno Rev3ボードのUSB端子に配線コード(赤、白、緑、黒)を直接はんだ付けしています。

USBミニB(メス)の外部引出し用基板(左)とArduino Uno Rev3ボード(右)
USBミニB(メス)の外部引出し用基板(左)とArduino Uno Rev3ボード(右)
蛍光表示管IV-21時計にもUSBミニBコネクタを実装
蛍光表示管IV-21時計にもUSBミニBコネクタを実装
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次