ESP32-DevKitCの開発ツール arduino-esp32 のインストール手順

Arduino IDE上で動作する ESP32-DevKitC の開発ツール arduino-esp32(Arduino core for the ESP32)をインストールした際の手順メモです。

arduino-esp32は、Seeed Studio XIAO ESP32C3 の開発ツールとしても使えました。ボード(XIAO_ESP32C3を選択)とポートを切り替えることでそのまま使えます。(2022/12/23)

Arduino IDEの新バージョン2.0.0が公開されていたので記事を更新しました。Arduino IDEのダウンロードサイトには、Legacy IDE (1.8.X)として前バージョン1.8.19も掲載されています(2022/10/06)

Arduino IDE 2.0.0で実行中
Arduino IDE 2.0.0で ESP32-DevKitC のスケッチ実行
目次

ESP32-DevKitC の開発ツール arduino-esp32

インストール手順の掲載サイト

ESP32 Arduino Core’s documentation – Installingを参考に 、Arduino IDE上で動作する開発ツール arduino-esp32(Arduino core for the ESP32)をインストールします。
秋月電子通商とAmazonで購入したESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボードで動作確認しました。

Getting Started »Installing-Arduino-ESP32

https://docs.espressif.com/projects/arduino-esp32/en/latest/installing.html

Arduino IDEのインストール(バージョンの確認、2022/10/06追記)

Arduino IDE サイトからインストールファイルを選択、「JUST DOWNLOAD」もしくは「CONTRIBUTE & DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードします。

Software | Arduino IDE – Downloads

https://www.arduino.cc/en/software

ダウンロードサイトには、Arduino IDEの新バージョン2.0.0が掲載さていました。Windows用のダウンロードファイル名は「arduino-ide_2.0.0_Windows_64bit.exe」。Legacy IDE (1.8.X)として前バージョン1.8.19も掲載されています(2022/10/6時点)

Arduino IDE 2.0.0では、左端のアイコン(1)クリックすることで上から「スケッチブック」、「ボードマネージャ」、「ライブラリマネージャ」・・・を呼び出せます。
スケッチを記述する画面では行位置がわかる縦の補助線(2)が表示され、マウスで記述したコードをマウスホバー(3)すると変数のtype、Valueをポップアップ表示してくれます。
出力画面(4)ではUploadingやコンパイル完了といった進捗のポップアップ表示が出ます。

Arduino IDEの新バージョン2.0.0
Arduino IDEの新バージョン2.0.0

Arduion IDE 2.0.xのシリアルモニタは、メニュー: ツール —> シリアルモニタをクリックするか、メニュー上段右端のアイコン(5)をクリックすると、画面の下段に表示されます。

下段の右端上部の「タイムスタンプを表示・非表示」アイコン(6)をクリックして「表示」にしておくと処理の時系列が判りやすいです。

スケッチとシリアルモニタ(タイムスタンプを表示)
シリアルモニタ(タイムスタンプを表示)。Seeed Studio XIAO ESP32C3 のスケッチを実行中
あわせて読みたい
Arduinoの開発環境「Arduino IDE」のセットアップ手順 Arduinoボードの開発環境となる「Arduino IDE」のインストール、各種センサや液晶ディスプレイといったモジュールとArduinoとの接続を容易にする「ライブラリ」を活用し...

arduino-esp32 をインストール(2022/10/06追記)

Arduino IDE 2.0.0とArduino IDE 1.8.19は画面レイアウトが異なるので、arduino-esp32 のインストール手順を分けて追記します。

Arduino IDE 2.0.xへのインストール手順

Arduino IDE 2.0.0に arduino-esp32 をインストール(2022/10/06追記)
※ここをクリックすると記事の表示を開閉できます。

ボードマネージャに追加

Arduino IDE 2.0.0のメニュー「ファイル」–>「基本設定」をクリックすると「基本設定」画面がポップアップするので、下の方にある「追加のボードマネージャのURL」の入力BOXに下記のStable release linkのURLをコピー&ペーストします。

入力BOX右端のアイコンをクリックすると「追加のボードマネージャのURL」画面がポップアップします。既にURLが記載されている場合は最後の行に下記のURLをコピー&ペーストします。

https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_index.json
Arduino IDE 2.0.0の「追加のボードマネージャのURL」欄
Arduino IDE 2.0.0の「追加のボードマネージャのURL」欄

左端の2段目のアイコンをクリックして「ボードマネージャ」を開きます。検索窓に「esp32」と入力すると、「ESP32 by Espressif Systems」が出てきます。「インストール」ボタンを押すとパッケージが導入されます。2022/02/02時点のバージョンは2.05でした。

インストールが完了したら、Arduino IDEを再起動します。

「ESP32 by Espressif Systems」インストール
「ESP32 by Espressif Systems」のインストール

ESP32-DevKitCとUSBケーブルでつないで、Arduino IDE トップ画面の「ボード切替プルダウン」の「他のボードとポートを選択」で「ESP32 Dev Module」とCOMポートを選択して追加します。

「他のボードとポートを選択で「ESP32 Dev Module」を選択
「他のボードとポートを選択で「ESP32 Dev Module」を選択

ボードの切り替え

複数のボードを接続してる場合には、Arduino IDE のボード切替プルダウンで「ESP32 Dev Module」を選択すると準備完了です。Arduino UnoやMEGAに戻す時はボード切替プルダウンで「Arduino Uno」や「Arduino MEGA 2560」を選択します。

「ESP32 Dev Module」を選択

Arduino IDE 1.8.19へのインストール手順

Arduino IDE 1.8.19に arduino-esp32 をインストール
※ここをクリックすると記事の表示を開閉できます。

ボードマネージャに追加

Arduino IDEを開いて、メニューの「ファイル」–>「環境設定」を開き、下段の「追加のボードマネージャのURL」の入力BOXに下記のStable release linkのURLをコピー&ペーストします。
既にURLが記載されている場合は、右端のアイコンをクリックするとURL一覧がポップアップするので最後の行に、下記のURLをコピー&ペーストします。

https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_index.json
「追加のボードマネージャのURL」欄にStable release linkのURLをコピー&ペースト
Arduino IDE 1.8.19の「追加のボードマネージャのURL」欄

メニューの「ツール」–>「ボード:”Ardiuno Uno”」をマウスで選び、開いたリスト最上段の「ボードマネージャ…」をクリックします。

「ボードマネージャ…」をクリック
「ボードマネージャ…」をクリック

「ボードマネージャ」画面がポップアップするので、検索窓に「esp32」と入力すると、「ESP32 by Espressif Systems」が出てきます。「インストール」ボタンを押すとパッケージが導入されます。2022/02/02時点のバージョンは2.02でした。

インストールが完了したら、Arduino IDEを再起動します。

ESP32 by Espressif Systemsをインストール
ESP32 by Espressif Systemsをインストール

Arduino IDE を開いて、メニュー「ツール」の「ボード:”Ardiuno Uno”」–>「ESP32 Arduino」から「ESP32 Dev Module」を選択すると準備完了です。

「ボード」–>「ESP32 Arduino」–>「ESP32 Dev Module」を選択
「ボード」–>「ESP32 Arduino」–>「ESP32 Dev Module」を選択

以降、メニュー「ツール」を開くと「ボード:”ESP32 Dev Module”」の下にUpload speedやCPU Frequencyなどの設定リストが現れます。デフォルト設定で使っています。

ボード:”ESP32 Dev Module”の設定リスト
ボード:”ESP32 Dev Module”の設定リスト

ボードの切り替え

Arduino Unoやnanoに戻す時は「ボードマネージャ…」下の「Arduino AVR Boads」–>「Arduino Uno」や「Arduino nano」を選択。

arduino-esp32に戻す時は「ボードマネージャ…」下の「ESP32 arduino」–>「ESP32 Dev Module」を選択します。

「ESP32 Dev Module」-->「Arduino Uno」
「ESP32 Dev Module」–>「Arduino Uno」
「Arduino Uno」-->「ESP32 Dev Module」
「Arduino Uno」–>「ESP32 Dev Module」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次