Seeed Studio XIAO ESP32C3をWeb(WiFi)サーバにして BME280の測定データをスマートフォンのブラウザに表示

XIAO ESP32C3のスケッチ例にあるWiFi機能を使ったシンプルな Web (WiFi)サーバを使って、BME280測定データをスマートフォンやPCのブラウザからアクセスするスケッチを作った際のメモです。

Windows11(Chrome: 108.0.5359.125)、iOS 16.2(Safari)、Android 13(Chrome: 108.0.5359.128)のWebブラウザで動作を確認できました。

Seeed Studio XIAO ESP32C3を WEB Server にしてBME280測定データをスマホに送信
測定データをWiFi経由でスマートフォン表示
目次

準備したパーツ

ネット通販でパーツを集めてブレッドボード上で結線しました。

  パーツ  個数  備考
1Seed Studio XIAO ESP32C3
※ピンヘッダのはんだ付けが必要です。
1M-17454
2BME280 気圧、温湿度センサ モジュール
※今回使ったモジュールはI2C接続、電圧レギュレータとI2C電圧レベル変換回路を内蔵
1手持ち
3細ピンヘッダ 1×40(黒)1C-06631
4ミニブレッドボード BB-601(白)1M-15178
5ジャンパーワイヤ
オス-オス 10cmセット
適量C-05371

・基板内に電圧レギュレータやI2C電圧レベル変換回路を内蔵して5V系(Arduinoなど)、3.3V系(XIAO ESP32C3など)の両方で使えるモジュール、電圧レギュレータを内蔵して電源電圧は5V、3.3V両方で使えますがI2CやSPI等のロジックレベルは3.3V系といったモジュールもあるので仕様書で確認します。
・モジュールがプルアップ抵抗を内蔵しているか、その抵抗値と有効化方法を確認します。無い場合は必要に応じで外部でプルアップ抵抗を実装します。
・モジュールにピンヘッダが付属しているか、ピンヘッダのピンの太さがブレッドボードに適しているか、自分がはんだ付けする必要があるか等を確認します。

組立と動作確認

XIAO ESP32C3のピンレイアウトは下記サイトを参照して結線します。

Getting Started with Seeed Studio XIAO ESP32C3
Pinout diagram

https://wiki.seeedstudio.com/XIAO_ESP32C3_Getting_Started/

液晶モジュールなど表示用のパーツが無いのでシンプルな構成です。XIAO ESP32C3には、シート状のWiFiアンテナ(裏面は3M 300LSE両面テープ)がつきます。

結線図
結線図

iPhoneテザリングでESP32等のIoTデバイスをWiFi接続するときは、iPhone12の設定 —>インターネット共有で「互換性を優先」をONにするとWiFi接続が安定しました(Wi-Fi 4接続が優先)。

開発ツール arduino-esp32のインストールとライブラリの追加

ESP32の開発ツール arduino-esp32を準備してスケッチを作っていきます。

ESP32開発ツール arduino-esp32のインストール

XIAO ESP32C3サイトにarduino-esp32のインストール手順の記載があります。

Getting Started with Seeed Studio XIAO ESP32C3
+ Software setup

https://wiki.seeedstudio.com/XIAO_ESP32C3_Getting_Started/#software-setup

当サイトにもESP32-DevKitCを例として、arduino-esp32 をArduino IDE 2.0.x版にインストールする手順メモを纏めています。

ボード(XIAO_ESP32C3を選択)とポート(当サイトのPCではCOM6)を切り替えることでXIAO ESP32C3でもそのまま使えます。

Arduino IDEでボードとポートの選択
ボード:XIAO_ESP32C3を選択
あわせて読みたい
ESP32-DevKitCの開発ツール arduino-esp32 のインストール手順 Arduino IDE上で動作する ESP32-DevKitC の開発ツール arduino-esp32(Arduino core for the ESP32)をインストールした際の手順メモです。 arduino-esp32は、Seeed Stu...

ライブラリのインクルード

先達の方々が開発されたライブラリをインクルードすることでスケッチ作成が容易になります。

BME280センサ

BME280センサ(0x76)から測定データを取得するライブラリとして adafruit/Adafruit_BME280_Library と adafruit/Adafruit_Sensor を利用させていただきました。サイトの「Code」プルダウンから Adafruit_BME280_Library-master.zip と Adafruit_Sensor-master.zip をダウンロード。Arduino IDEのメニュー「スケッチ」–>「ライブラリをインクルード」–>「zip形式のライブラリをインクルード」でダウンロードしたzipファイルを指定します。

Adafruit_I2CDevice.hが無いとのエラーメッセージがでた場合はadafruit/Adafruit_BusIO(Adafruit_BusIO-master.zip)をインクルードします。

スケッチ:XIAO ESP32C3を Web(WiFi) ServerにしてBME280測定データを送信(2022/01/11更新)

サンプルプログラム「SimpleWiFiServer.ino」( Arduion IDE のメニュー: ファイル —> スケッチ例 —> XIAO ESP32C3のスケッチ例 —> WiFi —> SimpleWiFiServer )を参考にして、BME280測定データをスマートフォンやPCにhtml表示するスケッチを作りました。

PCとUSB type-Cケーブル接続してArrduino IDEからスケッチを実行するとシリアルモニタにXIAO ESP32C3のIPアドレスが表示されます。

Arduion IDE 2.0.xのシリアルモニタは、メニュー: ツール —> シリアルモニタをクリックするか、メニュー上段右端のアイコンをクリックすると、画面の下段に表示されます。

下段の右端上部の「タイムスタンプを表示・非表示」アイコンをクリックして「表示」にしておくと処理の時系列が判りやすいです。クライアント(PCやスマートフォン)からのアクセスがあるとシリアルモニタに情報が表示されます。

スケッチとシリアルモニタ
スケッチとシリアルモニタ(タイムスタンプを表示)

Windows11 Chromeブラウザの表示画面とソースコード表示です。

Windows11(Chromeブラウザ)
Windows11(Chromeブラウザ)
Windows11(Chromeブラウザのソース表示)
Windows11(Chromeブラウザのソース表示)

2022/01/11:再読み込み間隔を2秒に変更。検証用にカウンタを配置。

xiao-esp32c3_web-server_bme280.ino ※ここをクリックするとコード表示を開閉できます。
#include <Wire.h>
#include <Adafruit_Sensor.h>   // https://github.com/adafruit/Adafruit_Sensor
#include <Adafruit_BME280.h>   // https://github.com/adafruit/Adafruit_BME280_Library

#include <WiFi.h>
const char* ssid      = "your ssid";
const char* password  = "your password";

WiFiServer server(80);

Adafruit_BME280 bme;
bool status;
float pres;
float temp;
float humi;

int count=0;

void setup() {
  Serial.begin(115200);
//---------WiFi接続
  WiFi.begin(ssid, password);
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
// IPアドレス確認用
  Serial.println("WiFi IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());
//---------WEBサービス開始
  server.begin();
//---------BME280初期化
status = bme.begin(0x76);
while (!status) {
  delay(2000);
  }
}


void loop() {
 WiFiClient client = server.available(); // listen for incoming clients
 if (client) {                           // if you get a client,
  Serial.println("New Client.");         // print a message out the serial port
  Serial.println(count);
  String currentLine = "";               // make a String to hold incoming data from the client
  while (client.connected()) {           // loop while the client's connected
    if (client.available()) {            // if there's bytes to read from the client,
     char c = client.read();             // read a byte, then
     Serial.write(c);                    // print it out the serial monitor
     if (c == '\n') {                    // if the byte is a newline character
          // if the current line is blank, you got two newline characters in a row.
          // that's the end of the client HTTP request, so send a response:
        if (currentLine.length() == 0) {
            // HTTP headers always start with a response code (e.g. HTTP/1.1 200 OK)
            // and a content-type so the client knows what's coming, then a blank line:
            client.println("HTTP/1.1 200 OK");
            client.println("Content-type:text/html; charset=utf-8;");
            client.println();
// htmlを表示
 client.println("<!DOCTYPE html><html>");
// 端末画面の幅に合わせる <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">
 client.println("<head><meta name = \"viewport\" content = \"width=device-width, initial-scale = 1\">");
// 2秒毎にページをリロード <meta http-equiv="refresh" content="2">
 client.println("<meta http-equiv = \"refresh\" content = \"2\">");
 client.println("<title>BME280</title>");
 client.println("<style>h1{text-align: center;}");
 client.println("</style></head>");
// BME280センサからデータ取得 ----- 
pres=bme.readPressure() / 100.0F;
temp=bme.readTemperature();
humi=bme.readHumidity();
// BME280測定データの表示
 client.println("<body><h1>BME280</h1>");
 client.println("<h1>気圧: ");
 client.println(pres, 0);
 client.println("(hpa)</h1>");
 client.println("<h1>温度: ");
 client.println(temp, 1);
 client.println("( ℃ )</h1>");
 client.println("<h1>湿度: ");
 client.println(humi, 1);
 client.println("( % )</h1>");
 client.println("<h3>");
 client.println(count);
 client.println("</h3>");
 client.println("</body></html>");
            // The HTTP response ends with another blank line:
            client.println();
            // break out of the while loop:
            break;
          } else {    // if you got a newline, then clear currentLine:
            currentLine = "";
          }
        } else if (c != '\r') {  // if you got anything else but a carriage return character,
          currentLine += c;      // add it to the end of the currentLine
        }
      }
    }
    // close the connection:
    client.stop();
    Serial.println("Client Disconnected.");
  }
count++;
delay(2000);
}

CO2濃度測定値をブラウザ表示するスケッチ

BME280センサに加えて、CO2濃度センサ(SCD30やSCD41)の測定値をブラウザ表示するスケッチを加えました。ストーブを焚いているので換気の目安として重宝しています。

あわせて読みたい
Seeed Studio XIAO ESP32C3をWeb(WiFi)サーバにしてCO2濃度センサ SCD30やSCD41の測定データをスマー... 「XIAO ESP32C3をWeb(WiFi)サーバにして気圧・温湿度センサBME280の測定データをスマートフォンのブラウザに表示」の記事では、同じWiFiアクセスポイント配下で使うと...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次